HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2009年10月13日

飲み会の後は・・・

飲み会をやった次の日は、




な〜んも



ヤル気しません




二日酔いとかではないのだがね。



だから、ザクの太ももをスジ掘って終了。

RIMG1624.jpg




いかん、



だんだんペースダウンしてきた。





(* ̄▽ ̄)ノ テンション上げねば・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 08:14| Comment(2) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

リベット


身の回り物を利用して、



それっぽく見せるのが、



モデラーの醍醐味だと



思いませんか?




リベットを表現しようと思って、

メタルパーツを探してみるも、

財布の中に

1,307円しか残ってなかった事に気づく・・・




よって、100円ショップへGO!




で、こいつを購入↓
RIMG1587.jpg
虫ピン1000本で、100円




頭を切って取りつければ、リベットとして使えるはず、
RIMG1586.jpg
いい感じじゃないですか。


なんたって、0.1円/本ですからね、

財布にメチャメチャ優しいんですよ。


その結果、
RIMG1593.jpg
付け過ぎたかも・・・


同色に塗りますからね、大丈夫でしょう。


多分・・・




二の腕もディティール追加。
RIMG1592.jpg


ついでに、指も切り離して、独立可動
RIMG1595.jpg


そして、股間にウインチを
RIMG1594.jpg



・・・




使用しているところは、想像したくないな・・・







(* ̄▽ ̄)ノ 次、脚いってみよう・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 15:42| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

フェイス

なんだろう・・・


平面すぎるのか?


それとも直線的すぎるのか?



とにかく




気に入らないんですよ顔が!(ザクVer2.0の事)


なので、

モノアイスリットを改修
RIMG1582.jpg
アホ面から、精悍な顔つきへ

ついでにモノアイを、ハイキューパーツのSPプレートに変更。
(これ何ミリだっけ?  忘れた・・・)



そして、右肩に装甲を追加。
RIMG1583.jpg
破損箇所を、鉄板で補修したって感じ?




二の腕もこの通り
RIMG1584.jpg

もうちょっと、ディティール追加しよう。




(* ̄▽ ̄)ノ めずらしく順調です。・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 09:42| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

スパイク

プラモデル作ると、肩が凝りませんか?


そして、肩が凝り過ぎると頭痛がしてくるんですよね〜

以前は頭痛薬を服用しながらプラモを作っていたのですが、

あまり薬を飲みすぎるとジャンキーになりそうだし、

肩こりが原因で吐き気と眩暈で倒れて、

病院に担ぎ込まれた事もあったし・・・




プラモやめますか?




それとも人間やめますか?




状態(大げさ?)で悩んでいた頃、

妻からこんなのもらいまして、

RIMG1566.jpg
↑こんなの。



手首に付けるんですけどね。

なんか「パワー」が込められているらしく、

身に付けるだけで、肩こりにならないとの事。





注:オカルトムードが漂っていますが、妻はオカルトマニアではありません。



せっかく貰ったので、付けてみたところ、

あ〜ら不思議、本当にプラモ作っても肩こりしません。

全くって訳ではないのですが、頭痛薬がいらないレベル。



凄いですね〜


得体の知れない「パワー」って、あるんですね。


注:中学生の頃、「ムー」を愛読していた私は、オカルト大好き。









「フラシーボ効果」かもしれない・・・




でも、いいんですよ。

半年以上身につけていますが、

肩が凝らないのは事実ですから。




さて、


初っ端から脱線して、

ようやく本題に入りますが、

ザクのスパイクアーマーについて考えてみたいと思います。



ご存知の通り、ザクは

「蒙古覇極道」(byウイグル獄長)ばりに

ショルダータックルを行う訳です。

しかし、

多用すると当然、スパイク部分が磨耗します。

だったら交換するしかない。
(つまりは消耗品)

しかも、スパイクは強度を考え、

鍛造でなければならない。
(ショルダーアーマーは鋳造で充分ですが)



だから、メタルパーツを使用。
RIMG1578.jpg
byスジボリ堂


歴戦を戦い抜き、

磨耗したスパイクを

新品に交換した直後を表現しました。



実は「キットのパーツの改修を失敗したから」
と言うのは内緒です。


(* ̄▽ ̄)ノ メリハリがあって、いいでしょ?・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 11:59| Comment(2) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

くちばし

日曜日、一部のパーツをサフチェックしたんですがね、



もう、ガタガタって感じ・・・



な〜んか、キレイに仕上がらないんだよな〜



まぁ、いろいろ試してみるか。





さて今日は、くちばしを薄々攻撃します。

プラ板貼って、

穴開けて、

薄く削って、


こんな感じ↓
RIMG1572.jpg
ちょっと、ツラが長くなったが・・・

ついでにパイプも、ハイキューパーツのパワーパイプに変えてみたりして。




(* ̄▽ ̄)ノ こっちの方が、出来が良かったので・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 00:25| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

ディティアップ開始

では、ザコでサクサクやられるザクの


ディティールアップをしたいと思います。
(どんどん野暮ったくなります)



まずは頭部ヘルメット
RIMG1556.jpg


つばの部分、肉抜き穴か、ディティールか?

よくわからんので、削りとばして薄々攻撃。


RIMG1557.jpg



なんの為かと言いますと、
ザクのアホヅラを再現するため
RIMG1558.jpg
連邦の攻撃に、ビビってる顔



あとは、ショルダーアーマーを鋳造っぽく見せる為、

接着剤を塗って、歯ブラシでポンポン叩き、

軽くスポンジヤスリでヤスって、

溶きパテで溶接あとを表現したのが、

これだ↓
RIMG1559.jpg


シールドも

C面を埋めてエッジを付け、

溶接あとを再現
RIMG1560.jpg



だって、全高17.5mあるザクですよ、

どう考えてもあんな大きなパーツが

一体成型できるわけがない。

やっぱ鉄板を溶接するしかないでしょう。

でもその辺は、大げさにデフォルメしましたがね。





さ〜て、



次はどうするかな。




(* ̄▽ ̄)ノ あいかわらず無計画・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 10:01| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ザク豊胸

では、




ザクの豊胸手術を行いたいと思います。
(こんなこと書くと、「豊胸手術」で検索がひかかるんだろうな)





最初はプラ板を貼り付けようと思ったのですが、

胸部にアールが付いてるし、仕上げも曲面にしたいので、

エポパテを使用します。


これ↓
RIMG1555.jpg


ちゃんと保管してたんですがね。

硬化剤がこんな感じに・・・
RIMG1550.jpg
表面が変色してる・・・



(まぁ固まってはいないので、問題なく使えましたが)


さて、これを胸部に盛るわけですが、

同量を同じ厚さで盛る必要がありますので、

冶具を作成


RIMG1553.jpg
プラ板に平行にプラ棒を接着した物体。



ここにパテを押し込んで円柱形の物でゴロゴロしてやれば、

厚さの均一しt「ポリパテの板」が出来上がるわけです。


「でも、冶具にパテが喰いついたら元も子もないので、
水で冶具を濡らしておきます。」


って、ハウツー本に書いてあったのだが・・・



逆に思いっきり喰いつきやがる



マジックスカルプの特性なのか?



仕方ないので、シリコンスプレーを吹いて対応
(これなら間違いない)


するとこんな感じ
RIMG1554.jpg

画像は硬化後ですが、作業は硬化前に行います。


これをナイフで必要な長さに切断し、

胸に貼り付け、硬化後に成形したのが

これ↓
RIMG1551.jpg




そして、全体像
RIMG1552.jpg



いい感じに「野暮ったく」なりました。

(何てったて、ザコキャラですから)



形状変更はこのぐらいにして、
そろそろ、ディティールアップを始めるかな。





(* ̄▽ ̄)ノ まずは・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 18:57| Comment(2) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

ふんどし改修

天馬博士は交通事故死した息子の「トビオ」に似せて、ロボットの「アトム」を造ったが、人間になり切れない「アトム」に絶望し、サーカスに売ってしまう。



人間になり切れないって・・・




足にジェット付けたら、




人間には





なり切れないでしょうが!





そりゃ〜ジェットの限り、飛んでっちゃうよ。





天馬博士って、アホ?








そんなわけ(どんなわけ?)で、ザクですが、
注:J型なので、足にジェットはありません。



予告どおり、フロントアーマーを「幅増し」して、
フンドシ(股間ブロック)の形状を変更。
(予告を守るなんて、俺ってエライ。)


やり方ですが、

まず、1oプラ板を貼りまくって、
大まかな形を作ります。

次に、金属ヤスリとサンディングスティックで形を整え、
隙間を「光硬化パテ」で埋めます。

さらに、サンディングスティックで形を整え、
スポンジヤスリで表面を均す。


すると、こんな感じに
RIMG1549.jpg




別の角度から
ROT02548.jpg


このやり方は、図面も描かなければ採寸すらしない、
目測が全ての現物合わせで、行き当りばったり。


ですので、


効率的です。


(盛りすぎたら削る。削りすぎたら盛る)



でも、このやり方が性に合うので・・・




さて、

結構、腰まわりが力強くなりましたが、
こうなってくると胸部のボリュームがもう少し欲しいな〜








(* ̄▽ ̄)ノ 改修は、止まらない・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 09:56| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

フロントアーマー

本日は、フロントアーマーの改修。



RIMG1540.jpg

干渉する部分を削って(削りすぎたかも)、
サイドアーマーと丈を揃えました。


股間ブロックとの隙間が大きいなぁ〜
股間ブロックの形状も気に入らないし・・・

フロントアーマーを幅増しして、
股間ブロックは形状変更だな。








(* ̄▽ ̄)ノ こうして、大改修になっていく・・・☆;:*:;☆




posted by ユズピ at 09:09| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

リア・サイドアーマー

今週は、ザクザク週間。



という事にして、ザク改修。



RIMG1530.jpg
スジボリ堂の「スパイクショート」が
何気に無加工で付いたりして・・・
(ちょっと、きつ目だが)



でも、これだと鋭すぎるんですよね〜
イメージ的に




と、




そんな事する前にプロポーションの改修です。



ドッシリとした重量感が欲しいので、
サイドアーマーをワイドに
RIMG1534.jpg
ワイド。



なんか、リアとサイドのアーマーの丈が合ってませんね。



微調整するか。













(* ̄▽ ̄)ノ 基本、現物合わせ・・・☆;:*:;☆





posted by ユズピ at 00:11| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

仮組完了



ザクだけに、





さくっと仮組




RIMG1508.jpg
うそ




本当はこれ↓
RIMG1506.jpg


動力パイプは、スジボリ堂の「エナジーパイプL、M」を使用。



しかしザクとは言え、一気に組んだら肩こりが・・・


さて、暫く眺め回して改修箇所をまとめるかな。






(* ̄▽ ̄)ノ まずは・・・☆;:*:;☆





posted by ユズピ at 09:30| Comment(0) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

選択

ザコで、



サクサクやられるから、



ザク







RIMG1448.jpg
ジェンカ?






バンビのコンテストには、


これでエントリーしようと思います。




RIMG1504.jpg


HAYAさんからの情報によると、


センスの古いディティールや技術がうけるみたいですが、


先祖がえりしても仕方ないので、その根底にあるコンセプト、


大東亜戦争(第二次大戦)を意識した

ミリタリー風でいってみたいと思います。
(それでJ型を選択)



つまり、モビルスーツを

「未来のハイテクメカ」と捉えて

ディティールを考えるのではなく、

「昭和初期の技術力」で考えます。
(まぁ現在でもいいのだが・・・)




でも、プラモは流行りのテクニックを使いますがね。


さて、



「アーマーモデリング」でも買って来よう








(* ̄▽ ̄)ノ 最新の技術に、疎かったりして・・・☆;:*:;☆





posted by ユズピ at 08:53| Comment(2) | MS-06J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。