HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2011年11月16日

自作オイルミストトラップ

いきなりですが、

真空ポンプって、空気を吸い出して真空にするポンプの事ですが、

吸えば当然、吐き出さないといけない訳でしてね。

吸気はまぁいいとして、問題は排気。

空気を吸うんだから、吐き出されるのも空気だろ?

と、簡単な問題ではないのですよ。

自分が購入した真空ポンプは「油回転式」といいまして、

油で各パーツ間の気密を保っていまして、排気するとき空気だけじゃなく

オイルを含んだオイルミストを吐き出しやがる。

これがもう、結婚式のスモークばりに出てくるんですよ。

これを防ぐ「オイルミストトラップ」なる排気口に取り付けるパーツがあるのですが、

これがまたお高い(15000円以上)。

ヤフオクで購入した真空ポンプより高いオイルミストトラップを買う気にはなれないし、

それ以前にこの真空ポンプに取り付くオイルミストトラップが見当たらない。

製造もと(メーカー名:島津)のホームページを探しても見当たらない。



だったら、


自作するしかないじゃないぁ〜





って事で、オイルミストトラップの自作です。


出来のか?


要は、車のオイルキャッチタンクと理屈は一緒だろ?(多分)

(MY S2000には、オイルキャッチタンクを装着済み)


空気とオイルを分離させて、空気だけを排気させればいいはず。


オイルミストはパンチングメタルやメッシュに触れると、油と空気が分離するはずだから、

ダイソーで、コイツを購入。

RIMG1263.jpg

茶こし



で、コイツを直接排気管に被せても、油がダラダラとこぼれ落ちるだけだろうし、

これだけでは心もとない(だからといって、急須はいらない)。


コイツを収納するケースが必要になるわけですよ。

ただし、完全密封の容器だと排気できないからNG

だからといって、ふたが全く無いのもNG


で、いろいろ考えながら、ダイソーを物色。

そしてついに見つけました。


電子レンジで、ご飯を炊く容器。

これなら適度に排気してくれるはず。


そして早々と底の部分を排気管サイズに穴を空け(超音波カッター大活躍)、

真空ポンプに装着。


RIMG1259.jpg

かなり、滑稽な絵づらですが・・・


これの優れているところは、内蓋があるところ

RIMG1260.jpg
ちゃんと、排気用の穴が最初から空いています。




この中蓋を取ると

RIMG1261.jpg

こんにちは、排気管

取り付け箇所からオイルミストが漏れたら面白くないので、

保育ねんどで目止めしてます。


ここに茶こしを被せて

RIMG1264.jpg



元に戻せば出来上がり。


掛かった費用は税込みで210円(粘土は家にあったから含まず)



で、効果の程ですが



完璧ではないけれど、210円以上の効果はあります。

「何だよこの煙は!」レベルから、

「あ〜、まだ少し煙でてるねぇ〜」レベルに移行


しかも、分離したオイルが排気管から内部に戻るから一石二鳥。



最初、換気扇用のフィルターも考えたんですが、

至近距離からオイルミストを浴びると、

すぐに目詰まりを起しそうなので却下。


さらに性能アップを求める場合は、茶こしを追加すればいいのかぁ〜






(* ̄▽ ̄)ノ 今日もダイソー行く?・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 11:21| Comment(0) | 真空脱泡機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。