HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2010年12月06日

パノラマでチェック

今更ながら、ムービープラスで「ミシェル・ヴァイヨン」(ル・マン24時間レースに挑むレーシング・ヒーローを描いたアクション映画)を観ましてね。

ツッコミどころ満載で、現実離れしたところは幾つもありましたが、面白かったですこの映画。

DVD買って、何回も観てもいい感じ(DVD安いし)


この手の映画は、逆にリアルにし過ぎてもダメなのかもしれないね。

納得出来て、凄いと感じたとしても、面白みが無ければ、観たいとは思わない。

逆に面白みがあれば、多少の事は気にならない。


これは模型や造形にも共通するかも。

技術が凄く、リアルで、プロも唸るけど欲しくはならない作品よりは、

「とにかくそれを所有したい」と、思ってもらえる作品を作りたいものです。

とは言っても、現実は厳しい




でも、一人ぐらい欲しい人がいると信じて進めています「長靴ねこ」
(人食いウサギは、信じぬく事が出来なかった)

今更ながら、写真にて全体をチェック(写真だと肉眼では気付かない発見があるので)



右前方
RIMG0498.jpg

マントと長靴がなんだか、デスラー総統っぽいんだが・・・

とりあえず、顔の「毛の表現」は止めよう(美顔処理をせねば)




正面
RIMG0499.jpg

脚の位置を左右揃えなかったのは、アンシンメトリーが生物感を出すような気がするから・・・




左前方
RIMG0500.jpg

帽子に飾りを追加しました。

スカを伸ばして、ヘラで適当に模様を書いて、クロワッサンの様に丸めてみました。

まぁ、雰囲気は出たのではないかと・・・




後方
RIMG0501.jpg

シッポもありますよ。帽子もスカの板から組んだので、被る事ができます。


但し、深く被せたい場合は、耳を削る必要があります。

これは、購入して頂いた方の好みでお好きにコンバーチブル。
(商品化して、通販で売るつもりだったりして)


だって、これは版権関係ないでしょ?

「長靴を履いた猫」は、ヨーロッパに伝わる民話だし、

この形は、オリジナルだし、

名前がヤバイなら、「靴はき猫」とか「貴族ネコ」にすればいいし。






まぁ最大の問題は、「欲しい人がいるのか?」って事なのだが・・・




欲しいという奇特な人、コメントくれ



値段はそうだなぁ〜  グラムで量るか(肉屋の様に)

「ぐうたらネコ」の時みたいに色は塗らないよ。ガレージキットとして扱うから。




で、帽子を被せたらこんな感じになります




RIMG0502.jpg

もしかして、顔を隠したほうが、可愛くなるのか?




一応、パーツの分割はこんな感じ
RIMG0503.jpg

全5パーツ(今のところ)





さて、ガシガシ磨いて、粉だらけになるか





(* ̄▽ ̄)ノ そして妻に怒られるか・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 11:32| Comment(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。