HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2010年11月19日

KOG仮組み@

FSS熱が冷めないうち、とっとと進める


K・O・G(ナイト・オブ・ゴールド)ですが、


RIMG0472.jpg
頭と脚を仮組み



背部は、こんな感じ
RIMG0477.jpg

頭部のスタビライザー(?)がね、バスター砲基部と微妙に干渉するので、ヘアドライヤーで熱風を当てて調整。




よく「熱湯につけて歪みを修正する」とか言いますが、熱湯に浸けて歪みが直った事ないんですけど・・・
(火傷するだけで、パーツは歪んだまま)


どうなんだろうね〜



さて、大地に立ったKOG。


四角いダボの通りに組んだのですが、左右に傾きもせず、真っ直ぐに確りと立っていますよね。


ただし


RIMG0473.jpg
踵の位置が揃わない・・・




なぜだ? まだ軸は打ってないけど、ズレてはいないぞ股関節。


もう少し、遠めで見ると


RIMG0474.jpg


正中線からみて、左右の脚の開き角度が違う・・・




その程度なら、股関節を弄って角度を修正すればいいと思った、そこのアナタ!


そんな簡単な状況ではないのですよ。



左右の脚を比較すると
RIMG0475.jpg


長さは同じなのに、股関節の接続部分の位置が違う。



なのにどうして左右水平で傾かずバランスが取れるかというと



RIMG0476.jpg

左右の脚の傾きがこんなに違う。





つまり、踵の位置を修正する場合は、

・股関節部分の角度・取り付け位置・モールドを作り直し。
・足首の角度の調整と、その付近のモールドの作り直し。

となる訳です。


これは正直、原型制作と変わらない作業量が発生する予感
(踵の位置を揃えるだけなのに)


しかもコイツ、あっちこっちズレたこの状態で、真っ直ぐ立っていやがる。


・・・




どうする?俺




プラモデルは、机上で考えた「こうなるはず」の物を「実現」する作業。

ガレージキットは、原型があり「こうだったもの」を「再現」する作業。



と、


勝手にここで定義して、原型師に敬意を示してこのままで行こう。













(* ̄▽ ̄)ノ とっとと軸を打つ・・・☆;:*:;☆


posted by ユズピ at 11:41| Comment(0) | KOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。