HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2010年03月30日

スタークジェガン1日目

え?


レッドミラージュですか?


案の定というか、予想通りというか




ココロガ、オレタ


(砕けたとも言う・・・)


だって、

きっと1円スタートでオクに出しても

落札どころか、アクセスすらされない気がしてね。



やっぱり最新キットでしょう


って事で、これ↓
RIMG2989.jpg
スタークジェガン
(人気の程は、不明だが)



もうこうなったら、

在庫整理はスタック方式(後入れ先出し)で処理だな。



続きは、スタークジュガン制作日記(1日目)


(* ̄▽ ̄)ノ モデラーの日常へつづく・・・☆;:*:;☆














さて、

このブログの本来の目的

「どの様にキットを制作しているのか」

を紹介したいと思います(ジェガンを通して)



まずは、よく完成品のオークションに書かれている

「パーツ洗浄」ですが、

しません(キッパリ)

よっぽど油でベトベトしていたら別ですが、

どうせ表面をヤスるし、

塗装前に超音波洗浄器で洗浄するから、

基本的に(私は)この工程はすっ飛ばします。
(成り行きで、洗浄する事とかあるけど)


次に仮組み。

もう、同時に表面処理や、ちょっとした改修をやっちゃいます。

「何の為に仮組みするの?」
と聞かれた事ありませんが、一応説明しますと。

・パーツの合いの確認
・塗装の段取り確認
・改修箇所の確認(全体のバランスチェックなど)

パッケージや説明書の写真ではわからない所があるんですよ。
(つまりは写真に写っていないところ)

オクで完成品を落札した人も
「えぇ〜! こんなとこ画像になかったよ〜 がっかり・・・」
って経験がきっとあるはず。

そんな箇所を見つけて改修しながら、表面処理。





では、がっかり箇所改修

腕の取り付け部分
RIMG2990.jpg
紫外線硬化パテを使用(硬化後、整形が必要だったから)




首の後ろ
RIMG2991.jpg
紫外線硬化瞬着を使用(ただ埋めるだけだったから)



表面処理ですが、
RIMG2997.jpg
自作ツールとサンディングスティックを使用。


表面処理の目的はですね、

・面出し
・塗装面の均し
・エッジ出し
・ヒケ処理

って感じかな



直線(平面)部分は、
240番でゲート処理しながら、面出しして、
320〜1000番でキズを消します。
(ここまでは、自作ツールを使用)

最後にサイディングスティックの
1200番で磨いて完了。


曲面なんかは、
臨機応変に、スポンジヤスリやヤスリボールを
組合わせて処理していきます。


C面に関しては、
320番のサンディングスティックで、
面出し一発勝負です。
(その後に、1000番までペーパー掛け)

サンディングスティックが入らないところは、
RIMG2998.jpg
3ミリタガネ(もはやノミだな、これ)で処理。


で、ついでに
RIMG2992.jpg
バルカンだか、カメラだか不明なパーツを




RIMG2993.jpg
マイナスモールドでディティールアップ




そんなこんなで仮組みするのだが、

スナップオンがきつくて、分解できないと、

仮組みではなく本組みになってしまうので、

RIMG2995.jpg
ダボ受けに切り込みを入れて、保持力を弱くしておく。


で組んだのがこれ↓
RIMG2994.jpg
ダボ受けを加工してあるから、簡単に分解できます。



RIMG2996.jpg
そういえば、ここの肉抜き穴も紫外線硬化瞬着で埋めたっけ。



RIMG2999.jpg
ついでにい、襟にの部分をシャープにしたのだが、
あんまり効果ないかな〜




と、まぁ〜こんな感じ。


スタークジェガン1日目

ここまでの作業時間は、約3時間30分。


さて、

このペースだと、完成はいつになるかな。




では2日目に、またお会いしましょう。



(* ̄▽ ̄)ノ 挫折しなければ、2日目あるよ・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 12:00| Comment(0) | RGM−89S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。