HP TOP
img775bb.gif
「わんこ」や「ニャンコ」など、かわいい小物をお探しの方はこちら

ユズピの造形日記

2011年12月31日

紅丸通信第9回


気が付いたら、もう年末じゃないですか!



つーことで、今年最後の更新は、紅丸の進捗状況。


原型の方は、ほぼ完成しましてね。シリコンで型取りしながら、

出来あがった型からレジンを流して複製しております。


d31_001.jpg
まずは、頭から・・・


商品は10個で、デコマスが1個。そして提出用の商品1個の計12個複製しないといけない・・・



もうね、とっととデコマスの塗装に入らないとヤバイんですよね〜

塗装もそれなりに時間がかかるというか、時間をかけたいというか・・・




でも、



年末年始は、のんびりしたい!





という、気持とのせめぎ合いでございます。



まぁ、元旦は酔い潰れて使い物にならんと思うがね。



というわけで皆さん。



また来年にお会いしましょう

あと、2時間ほどですが・・・



( ̄▽ ̄)ノ では、よいお年を・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 22:01| Comment(0) | ワンフェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

B賞:フリーザ

運気って、知ってます?

自分で強化できるらしいですよ、運気って。

で、

どうやって強化したかは端折りますが、

最近はかなり運気が上昇しております、私。


そこで、運試し。


会社帰りに、ファミマでドラゴンボールの一番くじを引いた結果。

なんと

まさかの


B賞をゲット



fl 006.jpg
B賞:フリーザ(ちなみにA賞は、スーパーサイヤ人 孫悟空)


最初からB賞狙いだったから、これでOKなのですよ。

え? 何回くじを引いたのかって?



3回です。なので実質1500円でゲットです。
(あとは、E賞のクリアファイルとG賞のディフォルメフィギュア)



フッフッフ・・・


俺のくじ運も、捨てたもんじゃないぜ。



で、


早速、家に帰って、こや(妻)に俺様のくじ運を自慢。


すると、妻から一言




だったら、宝くじを買え!




まぁ確かに・・・

その通りなんですがね・・・



運は付いても、知恵は付いてないようです、私。



いいんだよ、これ欲しかったんだよ。

10人の原型師が技を競った「造形天下一武道会」で、

緻密技巧派賞を受賞した商品だから、

手にとってじっくり見たかったんだよ。



なので、じっくり観賞

fl 007.jpg
この筋肉の造形いいですねぇ〜 フルパワーのフリーザですよ。


fl 008.jpg

fl 009.jpg

この紫の部分、透明パーツなんですね。しかも中には、筋と血管のモールドがあります。

いいなぁ〜、これ。 

実は、今作っている「紅丸」の骨皮面でやりたかった表現なんですよ。

紅丸を作り始めた時は、真空脱泡注型機がなかったので、断念したのですよ。

でも結局、真空脱泡注型機を自作しちゃったからね。

夏のWFで「紅丸Ver2.0」と銘打って、やってみようかな。
(WF2012冬での売れ行きを見てからですが)


fl 011.jpg

この筋肉と血管の造形がたまりません。


fl 012.jpg

足の裏も、このようにモールドが入っております。
なんか、今にも動き出しそうだよな。

ちなみに「紅丸」は、足の裏はスッテンテンです(だって、見えなくなるから)



fl 013.jpg

この皮膚に質感もいいんですよ。

膨張した筋肉で、分厚く弾力がある皮膚が引っ張られてる感じがね。


全体の「まとまり感」と「かたまり感」もいいですよね〜。


ただ、塗装が完全に造形に負けてる・・・

まぁそこは、商品として成立たせる為には、仕方がない所なんだろうけどね。




よし、いつか手が空いたら、塗装し直してやろう




( ̄▽ ̄)ノ いつ手が空くかわからんがね・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

紅丸通信第8回

ブログって、色々なジャンルがありますよね。

で、

そのブログを通じて、同じ趣味の人に知り合える。

これって、ブロガーさんの醍醐味の一つですよね。

え〜、そんな訳で

模型・ガンプラ・造形がらみのブログを長年やっておりますが、




引っ掛かるの酒飲みばかり



この現象、いかに分析すべきだろうか・・・




しかも、

最近アメブロの方のタイトルを

「ユズピの造形日記」に変更しましてね、

造形に関しては、あっちにツラツラと書こうかと。

そうなると、ますますSeesaaの存在意義が微妙になるわけです。

どうする?Seesaa


とりあえず、WF2012冬が終了するまで頑張ってみるか・・・


と、いう事で、版権申請が承諾された「EATER紅丸」ですが、


微調整を行いつつ、分解中

eater 001.jpg
もう、壊してるんだか直してるんだか、わからなくなってきた。

一品モノなら、もうとっくの昔に完成させてるはずなのですが、

これはガレージキット。


ばらした状態が商品としての完成形なのですよ。
(これが、原型師と造形師の違いなのか?)


分割させるの結構難しいな(最後の方は、分割の事を考えずに作ったからな)

まず、複製するにあたり問題になるのが、頭や肩・膝に付いている突起というか棘。

これを別パーツにした場合、棘が13本存在し、

これは頭のこの部分。これは右ひざの上の部分。

なんてやると、作る側が混乱してしまう。

ここは心やさしい私。購入者様の事を考え、共通パーツにしてやります。
(決して、インストで表現するのが面倒だからという訳ではありません)


先端は全て、爪楊枝の先端をレジンに置き換えてやります。

これなら、どの部分に使用してもいいし、仮にパーツを無くしても

爪楊枝で代用できる。

で、先の画像は爪楊枝の先端を取り付けて、調整してる状態な訳です。
(一品モノであれば、もっと違う表現をしたいのだが、まぁ仕方がない)



あと、右腕の手首とか、肩のアンテナ(?)部分とかも何とかしなきゃならんし、

足首も分割したほうがいいのか、悩むところなんだよな〜


なんか参考にならないかと、fgを見てみるも、

美少女系のフィギュアが多くて、下着とか水着のライン、あとは洋服の縫い目で分割。

それだと、クリーチャー系の参考にはならない。
(下着とかスク水をクリーチャーに着せるのもアレだしな)


で、数少ないクリーチャー系の分割の記事をみると、



大胆に大腿部を切断



といった、「これぞガレージキット」的な分割をしてやがる。


そうなんだよ、明確な境目って無いんだよなぁ〜

クリーチャーって、基本的に裸だから明確な色の境目なんてないし
(キャラクターにもよると思うが)



ここは男らしく、ノコで切断か・・・


( ̄▽ ̄)ノ かなり作りづらいキットになりそう・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 09:58| Comment(0) | ワンフェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

残りの作業時間

あ!思い出した



俺、

Seesaaにもブログ書いてたんだ



最近、アメブロばかり更新してたもので・・・



期限が刻一刻とせまる紅丸ですが、

紅丸なんですが、




なんか疲れたので、これで気分転換





n004.jpg



n005.jpg


思いつくがままに色を塗り重ねるって、楽しいねぇ〜


しかしこれ、いい加減に仕上げないと作業机が空かなかったりするんでね、

そろそろ筆塗り作業に移行しないとな。


しかし月日が経つのは早いもので、

もう2011年が終わりますよねぇ〜


何とか年が明ける前に、紅丸とキックボーニャンのシリコン型を完成させたい。
(2アイテムともに、ワンフェスに出品予定)


・・・


いや、それだとマズイ。もっと前倒しに作業を進めないと、


新年会に参加出来なくなる。


ちがった、ワンフェスだった。



よし、



来週から

気合を入れ直して

頑張るぜ!



なぜに来週から?


(* ̄▽ ̄)ノ 週末はお出かけするから・・・  ☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 11:31| Comment(0) | ワンフェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

報告

ツイッターとフェイスブックで、つぶやきましたが、

改めて、このブログでも報告します。


ワンダーフェスティバル2012冬に向けて、

版権申請していた「EATER紅丸」ですが、



めでたく承諾を頂きました


ありがとう、エンターブレインならびに、うすね先生。


271.jpg
(画像は、以前の記事の使いまわし)






これでWF会場で展示も出来るし、販売する事も可能になったぜ。



しかしこのキャラ、

もしかしたら、ガレージキット化はじゃないですかね?


と、いう事は


ライバルは皆無?

だったら欲しい人は、俺から買うしかないわけだ!

フッフッフッ・・・

もしかして、俺の一人勝ちではないのか?

ニッチ市場を狙った勝利というわけだな。


ただ、ニッチすぎて




欲しい人が

誰もいない可能性もあったりして





俺みたいなコアなファンは存在するけど、

その人たちがわざわざ幕張まで来て、これを購入するかが問題。


さらに、20センチの原型を上手く複製できるかも問題
(5〜6センチのものしか複製したことないので・・・)





で、

その紅丸の原型の進捗状況ですが、

表面処理しながら複製の為に分割中です。



(* ̄▽ ̄)ノ あと約2ヶ月で、WFか・・・  ☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 11:06| Comment(0) | ワンフェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

目を疑う出来事

前回の記事の件ですが、

「クールホワイト」をアマゾンに発注しましたよ



発注数は、4つ。


そしたらアマゾンから、

注文発送のお知らせメールがきましたよ。

IMG_3450.png

4通・・・



確かに、


一つずつ

バラバラに送ってくるつもりか?



と毒づきましたよ、私。


ブログの記事ですからね。

ウソは書かないけど、多少は話を盛るというか、

面白おかしく書きたいじゃないですか。



ブログを読んでくれる読者に対し、サービスしてもいいじゃないですか!


そんな悪い事じゃないでしょ?


なのに、アマゾン





RIMG1314.jpg





本当に一つずつ

バラバラに送ってきやがった!



本気か?

本気の嫌がらせか? アマゾン。





しかも中身は、




RIMG1315.jpg
塗料がひとつ・・・




送料は無料だから、こっちに金銭的な負担はないけど、




ダンボールをバラすのが、

非常に苦痛です





久しぶりに、笑いの神が降臨したぜ。




(* ̄▽ ̄)ノ ありがとう。笑いの神様・・・  ☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 21:44| Comment(2) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い立ったら・・・

最近、「クールホワイト」なる塗料の存在を知りましてね。

聞くところによるとこの白色、

めっちゃ隠ぺい力が強いらしいじゃないですか。

なんか、グレーのサフの上からでも、バッチリ白くなるみたい。

こういうの、知ってしまうとすぐに欲しくなる性分なので、

会社帰りに買いに行こうと走り回るも、



売ってないです、

富山の田舎





※富山市には行っていない(だって、遠いから)


くっそー、いつか都会に引っ越してやる・・・


探せばあるのかも知れないが、

リッター10キロも走らない車(しかもハイオク)で、

あちこち探し回るのも嫌だしなぁ。


仕方がない。

今すぐにでも欲しい気持ちを抑えつつ、

アマゾンに発注。



白色は結構使うので、4つ発注。

でも最近の通販(ネット販売)は、2〜3日で届くからね
(昔は平気で二週間以上、待たされた)

そうこう考えている内に、

早速アマゾンから注文発送のお知らせメールが

IMG_3450.png

4通・・・



まさか、


一つずつ

バラバラに送ってくるつもりか?





なにかの嫌がらせか? アマゾン。


いいよぉ〜別に。バラバラに送ってくれても平気だよぉ〜

送料は無料だから。



で、クールホワイトが手元にないから、

ガイアカラーのホワイトで仕上げたのがこちら↓




犬猫も6作目になると、かなり慣れてきたな。

しかし、

犬猫専門の造形作家になる気はサラサラないので、

そろそろ本業に戻らないと・・・




(* ̄▽ ̄)ノ 本業は・・・  なんだっけ?☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 14:17| Comment(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

オイルミストエキゾースト

油回転真空ポンプにつけた、オイルミストトラップですが、

RIMG1259.jpg
何度見ても、間抜けな絵だな。


どうしても負荷がかかると、オイルミストを吹きこぼれる鍋のうように

撒き散らすんですよ。

何も付けていないノーマル状態よりはいいんだが、やっぱり気になる・・・

油の霧だからね〜

下手すりゃ部屋中が油まみれのベトベトになってしまう。

部屋の中がそうなると、非常に困るわけですよ、そこで生活してる訳だし。

だから部屋の中はキレイにしておきたい。

部屋の中は・・・



って事で、ジャバラホースでオイルミストを外へ排気

RIMG1287.jpg

ホースは1.5mで500円くらいだったかな。


これで部屋の中は救われる(部屋の外は知らんが)。

そんなわけで、オイルミスト問題は無事解決しました。
(そんなすごい量が出るわけじゃないから、環境的にも大丈夫だろう)


で、肝心の真空脱泡注型機ですが、

実はもう、完成しています。
(だって、鍋に穴空けてボルトで止めるだけだから)

そうそう、真空計も1500円くらいで購入して装着しましたよ。


そして気になる性能のほうは、


RIMG1288.jpg
真空計が振り切れるくらい、空気を吸い込みます。

画像はありませんが、デジケーターの中は脱泡する型の大きさに合わせて

色んな物を詰め込んで容積を小さくしています。


容積さえ小さくなればいいんでね、

ダイソーで買った発泡スチロールが大活躍してます。


あとは、コイツの使い方に慣れる為、色々と実験中・・・

そして、版権申請の結果待ち中・・・




(* ̄▽ ̄)ノ 早く出ろ、結果・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 13:58| Comment(0) | 真空脱泡機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

どれがいい?

あ!

もう師走じゃないですかぁ〜

早いなぁ〜

ちょっと、公転のスピードを上げすぎじゃないのか?地球・・・


さて、本日は、マテリアルのお話。

通常は粘土で、オーブンで熱を加えると硬化する便利なやつ。

焼くまで固まらないから、納得いくまで造形できて、

形が決まれば、サクっと短時間オーブンに放り込めば、ガッツリ硬化するスカルピーですが、

これにも色々種類がありましてね。

俺も造形したいけど、どれを選んでいいのか、わかんねぇ〜よ!

って方に、レクチャー。

まずは、

握力がないので、粘土はやわらかいのが好み
ヘラで盛って、伸ばして撫でて、優しく造形したいの黒ハート
カッチリした造形より、手作り感を出したい

そんなあなたには、このスカルピーがお勧め

スーパースカルピー

色は薄いオレンジというか濃い肌色をしています。

まずはこれが基本形。


お次は、

シャープに作りこみたいから、硬いのが好み
スパチュラで彫りこむ感じで造形したい
超リアル派なので、寸分違わず造形したい
とにかくスパチュラに対して、素直になってほしい


そんなアナタには、これ

グレイスカルピー

色がグレーだから、グレイスカルピー?

見た目はC4(プラスチック爆弾)だな。

これはへんな弾力がなく、ハンドリングが素直です。
(指紋まで、ばっちりトレース)

スーパースカルピーは、ちょっと弾力がありますからね。

でもこれ、焼いた直後の熱い間は非常にもろい。

冷めるまで触っちゃいけません。下手したら焼いている途中、

自重で自己崩壊したりします。焼くときはガイドが必須。

硬化後も柔軟性が無いんだよなぁ〜

ナイフで削る場合は、要注意(硬くて脆いやつ)



で、更に硬いのがいいって方には、これだ!

スカルピーファーム

硬いです。ガチガチです。
そして表面もサラっとしてる感じ。

それ以外は、グレイとあまり変わらない気がするなぁ〜


続きまして、

グレイは気に入っているんだけど、硬化後にナイフで削って造形したい。

そんなアナタには、これだ

プロスカルプ ブラウン

これは、私が愛用しているやつ。

これも硬いです。そして値段もちょっとお高い。

でも、焼いたあと柔軟性があるんですよ。なので安心して削れる。

まぁ、無理やりナイフでこじったら、欠けたりしますが、

グレイみたいに、削りカスがボロボロと崩れる感じじゃなく、

柔らかいエポパテを削る感じかなぁ〜

三角刀(彫刻刀)でも、キレイに彫れます。

なので最近、削り派と盛り派のハイブリッドと化した私には、非常に使いやすい。

ただ、ファームとグレイ、あと混合スカ(スーパー+グレイ+プリモ)の在庫があるので、

そちらを使ったりもしますが、いろいろ混ぜて理想のスカルピーを作ろうとした、

その完成形が、プロスカルプって感じかな。
(俺の作った混合スカは、立場なし)

ちなみ、色違いもあります。

プロスカルプ ライトフレッシュ


色的にはフレッシュが好みなんだけど、なんだろう?

ちょっとパサパサというか、ボソボソしてます、ブラウンを比較すると。

まぁなんだかんだで、プルスカルプ・ブラウンが一番気に入ってるんですがね。
(色以外は)


さて、このスカルピー達、焼くというか、熱を加えなければ硬化しないわけですが、

硬化させるのに必要なのが、オーブン。

オーブンで150℃〜170℃、大きさにもよりますが約20分も焼けば、かなり硬くなります。
(スーパースカルピーは焦げるかもしれないな、この温度だと)

※スカルピーは焦げると有毒ガスが発生するので注意。
 なので、料理用のオーブンで焼くと、一家全員が病院送りになります。
 (ちょっと大げさですが)


あと、オーブントースターでも焼けないことはないけど狭いので

150℃に設定しても、電熱に近い部分は焦げやすいです。

ホイル焼きで対応できるかもしれないけど、

ここは素直に温度調整可能なオーブンを一つ買った方がいいでしょう。


そんな高くないですよ。


ちなみに、私が使用しているオーブンは、これ↓


お値段なんと、99800円(2011年12月1日現在)

お安いでしょ? 99800円・・・




え!99800円だと?




ウソだろ、これ。

俺がアマゾンで購入したときは、1万円だったぞ!

どうなっているんだ?アマゾン

ん?販売元は、オリテック?

俺のときは、ジョーシンだったなぁ

なんだなんだ? こんなに差があっていいのか、オリテック?
(ぼったくり?)

それにアマゾン。ちゃんと管理してるのか?

ふざけたマネするなら、ギギの腕輪を取り上げるぞ



え〜

結局、

スカルピーは2000円前後。オーブンは、通常は1万円。

合計で初期投資が12000円かかる訳です。


ヘラとかは、ダイソーの粘土ベラとかでいいし、スパチュラも

縫い針や千枚通し、毛糸の縫い棒で十分なので、そんなにお金はかかりません。


でも、1万2000円も払えねぇよ!

って人は、これだな


石粉粘土


焼かなくても、時間が経てば勝手に固まるし

盛ってザックリと形を作って、削って整えればOK。


これなら1000円もあれば、必要なものが全て揃うぞ。






結論



このマテリアルでないと出来ないという事はなく、

単に、作り易いか作り難いかの差でしかない

しかもそれは、人それぞれ





(* ̄▽ ̄)ノ You、好きなの買っちゃいなよ・・・☆;:*:;☆
posted by ユズピ at 17:05| Comment(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。